パソコン

Windows10の【DSP版】【パッケージ版】【OEM版】の違い知ってますか?|価格や特徴を紹介します

windows10パッケージ1

Windows10には、DSP版、パッケージ版、OEM版の種類があります。ここでは、それぞれ特徴を紹介しています、リスクを下げるのか、価格を安くするのか、ご自身にあった購入方法を選んで見てください。

Windows10のHomeとProの違い

Windows10には、大きく分けて、HomeとProの2種類があります。違いはProの方が色々な機能(主に管理機能)が追加されています。

家や個人で使う場合は、Homeで問題ありません
会社や、組織管理(ドメイン参加)する場合は、Proを購入する必要があります。

Windows10のDSP版、パッケージ版、OEM版の違い

DSP版、パッケージ版、OEM版の違い一覧

Home版の価格特徴
DSP版12,000円PC部品とセットで購入
パッケージ版16,000円Microsoft純正インストールディスク(USBメモリ)が手に入る
OEM版一番安い(購入するPCによって違う)PCにあらかじめインストールされていて、他のPCでは利用不可

PCを自作する場合は、DSP版か、パッケージ版です。

DSP版の特徴

DSP版とは、PCを自作するときのパーツ部品とセット(一緒に)購入するWindows10のことです。

メリット

価格が安いこと

Windows10のDSP版のメリットは、Windows10そのものの購入価格が安くなる点です。ですが、PC部品と一緒に購入する事になるので、価格は、Windows10の価格+部品の価格=合計価格となります。PC部品の種類によっては、高額なものもあるため、DSP版の合計金額が、パッケージ版よりも高くなることがあります。

DSP版のWindows10を購入すると、安い価格で正規版のWindows10を購入できるメリットがあります。

デメリット

PC部品とセットで利用

Windows10のDSP版で購入できるPC部品は、メモリ、CPU、HDD、SSD、DVDドライブなど色々セットで購入できます。DSP版で購入したそれらのPC部品は、他のPCなどへ利用できるようです。理由は、プロダクトキーの認証はマザーボードに紐づいて行われるからです。

そのため、万が一マザーボードが不調になって、その自作PCを修理したり、マザーボードを交換したりしてしまったら、Windows10の認証ができなくなってしまいます。

そういった場合は、購入したお店に、事前に相談するのが良いでしょう。

DVDドライブがないとインストールできない

Windows10のDSP版はDVDで渡される事が多いようです。その為、PCにインストールするためには、内蔵でも外付けでもどちらでも構わないのですが、DVDドライブを用意する必要があります

日本語に対応していない場合がある

OSのインストール画面が、日本語では無いケースがあるようですので、注意ください。

パッケージ版の特徴

パッケージ版とは、箱に説明書とインストールメディア(USBメモリ)を入れて発売される形態。

メリット

安全にインストール可能

パッケージ版のメリットは、基本的に、どんなPCにでもインストール可能だという点です。中古PC、中古PC部品、ジャンク品、新品パーツ、何でも組み合わせ、Windows10を安全にインストールする事が可能です。安全をとるならパッケージ版で間違いありません

マイクロソフトの公式サポートを受けられる

パッケージ版を購入すれば、Microsoftの公式サポートを受けられます。Windows10を利用する上で困ったことがあったら、電話やメールでMicrosoftのサポートを受ける事が出来ます。

PC故障しても大丈夫

今使っているPCが壊れてしまっても、次に購入するPCにWindows10をインストールできます

プロダクトキーはMicrosoftアカウントに紐づいて認証されます。それは、Windows10をインストールしたPCが壊れてしまっても、同じMicrosoftアカウントに紐づければ、次のPCや部品にすぐに乗り換えてプロダクトキーを認証できます。

デメリット

価格が一番高い

OSを購入する際、一番高い方法がパッケージ版になります。高いと言ってもDSP版と比べて、5000円ほどしか変わらない為、安心、安全の為、パッケージ版が良いと思います。

OEM版の特徴

OEM版とは、PCにあらかじめインストールされている販売形態の事です。

メリット

価格が一番安い

楽天やアマゾンなどで、販売されているPCは、すべてOEM版のPCです自作PCには利用できませんが、価格がとても安いです。

デメリット

OSの再利用は出来ない

HDDやSSDなどの記憶媒体は、交換で出来るケースもあるようですが、基本的に重要なPC部品が故障すればOSは再利用できなくなってしまいます。また別のPCへ移行することも出来ません。

まとめ

おすすめの買い方について、まとめました。

販売形態自作PCおすすめ
OEM版しない人パソコンが故障すれば、新しいパソコンを購入する人にお勧め
DSP版する人組みたいPC部品が、Windows10とセット販売している人にお勧め
パッケージ版する人次回PC購入も自作をする人。Microsoftサポートを受けたい人。安全にインストールしたい人。

購入先リンク

下記から購入いただければ、間違わずに購入できます。

めろんぱん

以上、めろんぱんでした!