資産運用

仮想通貨どれがいいの? おすすめコイン【高リスクと低リスク】【色々なコインを紹介】

bitcoin2

めろんぱん

どうも、めろんぱんです!

おすすめコインについて紹介をしています。

選び方

利用者の需要と供給で価値が決まる

仮想通貨(コイン)の価値は、需要と供給で決まります。例えば、人気なコインと言えば「ビットコイン」ですね。ビットコインが便利だから、ビットコインを買い保有したとします。そうすると、ビットコインの価値が上がります。逆に不要となったので、ビットコインを売ったとしたら、ビットコインの価値は下がります。つまり、将来利用されていくコインを買い、価値が高くなったら売るという事で、お金が儲かります。

そのコインは、何に使われるの?

何に使われるコインなのかはとても重要です。例えば、ビットコインは、主に飲食店やショップでの決済が出来ます。(QRコードを提示してするあの決済方法)やっぱり便利ですよね。便利なので利用者が増える。利用者が増えるので価値が高くなっています。

知名度で選ぶ

資産運用方法をによって買うコインを変える必要があります。有名なコイン(例:ビットコイン)は、知名度が高く価値が高いです。価格の変動も起きにくい為、低リスク(安全)にお金を儲けれます。その代わり、リターンの金額も少ないです。逆に、あまり知られていないコイン(例:IOST)は、知名度が低く価値が低いでが、有名になり、利用されていけば、大きなリターンが期待できます。

おすすめコイン(低リスク)

ビットコイン(略名:BTC)

世界的に有名で、まだ復旧していくと思われますので、手堅くお金が稼げると思います。ただ、コンビニなどもそうですが、最初はとても便利で、急速に普及しましたが、今残っているコンビニ(会社)は少しだと思います。仮想通貨も同じように思っており、そのうち、他の良い性能のコインの普及により、ビットコインの価値が下がると思われます

1コイン(BTC)= 約600万円

イーサリアム(略名:ETH)

ビットコインにつぐ、知名度と人気かと思います。マイクリプトヒーローズ(ゲーム)の暗号資産にも使われています。手数料(ガス代)が高い事でも有名ですが、現在開発が行われており、その手数料も下がると言われています。無事開発が完了しアップデートとなった際には、更なる普及が想像できます。今のうちに購入しておくのが良いと思います。

1コイン(ETH)= 約35万円

おすすめコイン(中リスク)

リップル(略名:XRP)

2012年9月に発行されたコインです。リップルの特徴として、リップル社が送金データを管理しています。暗号資産の中でも段違いに、送金速度が速いです。国際送金にかかる手数料が、10円で、3秒ほどですんでしまい、とても性能の高いコインです。(銀行なら1日~3日かかり、4000円ほどの手数料がかかる)google社が出資している点や、他大手企業とも提携している為、将来性がとてもあります。ただ、XRPは問題もあります。XRPを未登録証券として販売したとして、昨年12月に米証券取引委員会(SEC)に提訴されています。この問題が解消されれば、更なる価格アップも実現できると思います。

1コイン(XRP)= 約150円

エンジン(略名:ENJ)

2017年10月に発行されたコインです。ゲーム(マインクラフト)などで利用されており、唯一無二のデジタル資産NFTの作成が可能となっている。例えばゲーム内に伝説の剣というのが複数あったとしても、それぞれの伝説の剣を特定できてしまいます。また異なるゲーム間でも売買が出来るようになるとのこと。おすすめのコインです。

1コイン(ENJ)= 約260円

Symbol(略名:XYM)

NEM(ネム)の派生として誕生したXYMは、NEM以上に、処理能力と、セキュリティ面が強化されています。エンタープライズ(企業や公的機関)のニーズに特化した開発が行われるとの事。中東カタールで2022年に開催を予定する「FIFAワールドカップ」の、現地のホテル建設プロジェクトを管理するプラットフォームに、この通貨(XYM)が使われる予定となっています。価格の上昇は間違いなしです。

1コイン(XYM)= 約25円

おすすめコイン(高リスク)

インターネット・オブ・サービス・トークン(略名:IOST)

2018年1月に発行された新しいコインです。取引の処理能力が高く、性能が良い。BTCやETHは、取引量が増えると負荷が大きくなるため、処理が遅くなったり、手数料が高くなるという(Pow)課題がありますが、IOSTは別の方法(PoB)を採用しており、手数料などを分散する仕組みになっているので、処理速度が速く、手数料が安くなっています。IOSTもゲーム(Cross Link)などに使われており、医療機関にも使おうとしています。また、バイナンスであれば(コインを預ける)ステーキングで、コインを簡単に増やす事もできます。(1か月であれば預けた分の8.5%ほどコインが増える)私はIOSTを一番おすすめします

1コイン(IOST)= 約7円

トロン(略名:TRX)

2017年8月に発行された新しいコインです。【Peiwo】というストリーミング配信サービスがあり、そこで、投げ銭としてTRXで支払いが出来るようです。その他、ゲーム開発といった特徴があるコインです。現在は、1コイン13円ほどなので、今のうちに大量に購入し、バイナンスであれば(コインを預ける)ステーキングなどで、コインを簡単に増やす事もできます。(1ヶ月であれば預けた分の11%のコインが増える)とてもおすすめです。

1コイン(TRX)= 約13円

INX

普通の仮想通貨ではなく。セキュリティトークンという物になります。この「INXトークン」の保有者は、INX事業による比例配分の権利あり(収益の40%)との事で、株などに近いものです。まだ発行はされておらず、5月末に、取引所にて、発行がされるとの事です。

1コイン(INX)= 5月末に発売

結局どれがいいの?

安定した収益

私は、BTCか、ETHです。

高リターンを得たい

現時点では、IOSTが良いと思います。

めろんぱん

いかがだったでしょうか?

私の個人的な考えですが参考にしていただけたらと思います。

関連情報

IOSTなどは、日本の取引所で取り扱っていませんので、バイナンスで購入する事をおすすめします。(世界No1の取引所)5分で出来る、口座開設方法は下記より。

バイナンス
バイナンス(Binance)のアカウント登録方法【5分で口座開設】バイナンス(Binance)取引所のアカウント登録方法(口座開設)をご存じでしょうか?画像つきでアカウント登録方法についてまとめました。バイナンスの口座開設をして見てはいかがでしょうか?...

日本から、バイナンスへ送金するには、ビットバンクがおすすめです。手数料が安く、リップル(XRP)の取引所がある為です。(コインチェックなどの販売所は、手数料がとても高く、送金も遅い

bitbank_logo
ビットバンク(bitbank)のアカウント登録方法【10分で口座開設】バイナンス(Binance)取引所のアカウント登録方法(口座開設)をご存じでしょうか?画像つきでアカウント登録方法についてまとめました。バイナンスの口座開設をして見てはいかがでしょうか?...